バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスのメリット・デメリットについて

バーチャルオフィスのサービス利用を検討されている方に、バーチャルオフィスを利用する上でのメリット・デメリットについて検証していきたいと思います。

バーチャルオフィスとは?

「バーチャルオフィス」の概要

バーチャルオフィスとは、「住所登録」や「電話代行」など、オフィスを構えなくても会社の住所・電話番号を持つことが出来るサービスです。

弊社会員様には、ご契約いただいた施設にある貸会議室も、会員様価格にてご利用いただけます。

月額3,980円にてご利用可能!

バーチャルオフィスのご利用には、以下のようなメリットとデメリットが存在いたします。

バーチャルオフィスのメリット

  1. コストを抑えることができます東京都心・特に港区などで、一般的なオフィスを借りる際に発生するコストと比べて、初期費用(敷金・礼金等)および固定費を大幅に抑えることが可能です。
  2. 一等地の住所を使用できます名刺やWebサイトに記載されているご住所が、一等地であればそれだけでイメージ向上につながります。
  3. 自宅住所の公開を回避できます
    性別問わずセキュリティ上、事業所住所としてご自宅の住所は公開したくない方が多いと思います。
  4. 会議室を使用したい時間だけ利用する事が出来ます普段は自宅やカフェなどで作業して、打ち合せや商談などの場合だけ、会議室スペースを利用することができます。

一方、バーチャルオフィスには以下のようなデメリットも存在します。

バーチャルオフィスのデメリット

  1. 同じ住所を利用している会社が複数存在することもあります住所をシェアすることになりますので、他社と住所が同一になるようなケースが発生します。
  2. 郵便受取までにタイムラグが発生しますバーチャルオフィス宛に郵便物が到着してからの転送作業になる為、お手元に到着するまでに少し時間がかかります。
  3. 各種許認可や届出の申請ができない可能性もあります例えば、賃貸借契約書の提出が必須の場合、申請受理されませんので事前の確認をお勧めします。
  4. 急な来客時には、本人対応が出来ません事前約束なしに、急に来客があった場合、ご本人が不在での対応になります。

以上、バーチャルオフィスご利用の判断材料にして頂ければ幸いです。
ご不明な点・ご質問などあれば、お気軽にお問い合わせください。

Log in with your credentials

Forgot your details?